アイクリームの塗り方が間違っている!!効果的な正しい目の周りケア方法とは?

Pocket

アイクリームは正しい使い方塗り方&マッサージで効果的なケアができます

アイクリームを適当に指先に少しだけのせて、まぶたの上を擦ってませんか?

絶対にダメだそうです!

 

アイクリームはコスメアイテムの中でも一番お高いアイテム。

なぜなら、

目の周りは他の顔の部位よりも動いているし(瞬き)、

皮脂腺もとても少ないので乾きやすく、

普通のクリームだけではケアが追いつかないのです。

 

「せっかく高いお金を出してアイクリームを買ったんだから最大限に効果的に使いたい!」

ということで、

アイクリームの正しい塗り方についてまとめました。

 

上下まぶたにアイクリームを置く

 

アイクリームは上まぶた下まぶたそれぞれ3カ所ずつ米粒大に乗せるのが正しい使い方です。

まず上下まぶたの5、6カ所にアイクリームを乗せます。

1ヵ所の大きさは米粒くらい。

アイクリームを優しく抑えて馴染ませる

 

アイクリームは指全体を使って押さえるようにして馴染ませます

薬指で軽く流して目元全体に伸ばしてから、

指4本を使って目元を温めながらプレスします。

 

眼輪筋をマッサージする

 

アイクリームの使い方がわからない人必見の記事です

3.指に新しくクリームを乗せて眉毛の上下やうわまぶたをマッサージします。

目の開閉のための筋肉「眼輪筋」を意識してやります。

 

リンパに流す

 

こめかみにある耳下腺までアイクリームを伸ばして引き上げます

余裕がある時は更にリンパに流すのを意識しましょう。

こめかみにある「耳下腺」を意識して最後に上に引き上げます。

 

アイクリームは夜のケアの時は特にたっぷり使うことをおススメします。

「1本1ヵ月の目安」をもっと早く使い切る事を恐れない!(笑)

せっかく高いアイクリームを買ったのだから大事に使わないと…という考え方は本末転倒。

お高い化粧品こそたっぷり贅沢に使いましょう。

 

写真の図解で使用したのはポーラB.Aアイクリームクリーム(このサイトの別ページ)です。

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/